その他

その他
【注目記事】日本経済新聞:あずさ、短期海外赴任制度拡充 女性も活用しやすく

あずさ監査法人は短期海外赴任制度を拡充した。今年駐在先にマレーシアを加え、計4カ国にした。結婚や出産などのライフイベントを意識して長期赴任をためらいやすい女性のキャリアアップを後押しする。

続きを読む
その他
【注目記事】日本経済新聞:三井物産、社員65%に「転勤NG」選択制度 最大10%賃金差

三井物産は22日、社員が転勤可否を選べる人事制度を2024年7月から導入すると発表した。全社員の7割近くが対象となり、原則3年ごとに日本国内や海外への転勤を受け入れるか選ぶことができる。社員のキャリア形成の希望に応える環 […]

続きを読む
その他
【注目記事】ジェトロ 2023年度 海外進出日系企業実態調査(全世界編)

ジェトロは2023年8月後半~9月、海外83カ国・地域の日系企業(日本側出資比率が10%以上の現地法人、支店、駐在員事務所)1万8,726社を対象に、オンライン配布・回収によるアンケートを実施。7,632社より有効回答を […]

続きを読む
その他
【注目記事】JAC Recruitment 女性海外駐在員についての調査を実施 19%の企業で駐在員として女性が赴任

世界11ヵ国で人材紹介事業を展開する業界大手の株式会社ジェイ エイ シー リクルートメント(代表取締役会長兼社長:田崎ひろみ、以下JAC)は、日系海外子会社221社を対象に「女性海外駐在員」に関する調査を実施しました。女 […]

続きを読む
その他
【注目記事】日本経済新聞 出世よりも育児を優先 働く夫婦の最前線を知る10選

男性は外で働き、女性は家事を担う――。こんなスタイルは過去のものになりつつあります。家事を夫婦で平等に負担する考え方が若い世代を中心に広がり、育児のために転職を選ぶケースも。会社側は多様な働き方を認めることで人材確保につ […]

続きを読む
その他
【注目記事】EY調査、従業員の3分の1以上が転職を意識し労使関係の緊張が続く

賃金、ウェルビーイング、柔軟性に対する考え方に依然ギャップ   

続きを読む
その他
【注目記事】毎日新聞「日本は女性を働かせるだけではだめ」 ノーベル賞・ゴールディン氏

2023年のノーベル経済学賞の受賞が決まった米ハーバード大学教授のクラウディア・ゴールディン氏が9日、米東部マサチューセッツ州の同大で記者会見を開いた。男女の賃金格差の分析をしてきたゴールディン氏は会見で、日本の労働市場 […]

続きを読む
その他
【注目記事】みずほFGが転勤一時金を増額、単身赴任なら3倍に…人材つなぎ留め狙い

みずほフィナンシャルグループ(FG)が来年4月から、引っ越しを伴う転勤について、社員に支給する一時金を2~3倍に引き上げることがわかった。転勤に抵抗感を持つ社員が増えるなか、人材をつなぎ留める狙いがある。

続きを読む
その他
【注目記事】ワンオペ海外駐在、女性あえて挑戦 育児に柔軟さ求める

海外進出企業にとって、女性のグローバル人材の手薄さが経営課題として浮上している。日本企業の海外駐在員に占める男性の比率は95%にのぼり、管理職だと女性はさらに少なくなる。なかでも理系の男性が多い米シリコンバレーは女性駐在 […]

続きを読む
その他
【注目記事】メルカリ社員、男女の賃金に37%の格差。職種・グレード同じ男女に「説明できない」差が生じた理由

メルカリが創業以来、初めて男女の賃金格差を公表した。平均賃金に男女で37.5%の格差があったのに加え、同じ職種・等級(グレード)の男女でも7%の差が生じていたことがわかった。 男女で賃金格差が生じるのは、女性管理職の少な […]

続きを読む